« 「毒虫」 | メイン

2015年08月12日

 ■ 「永久の懊悩」

お題:出来損ないの父 必須要素:生理痛 制限時間:30分


永久の懊悩


 できそこないだ。
 その確信が頭に過ぎるや、わたしは父を叩き壊した。超高硬度鋼の工具を力の限りぶちこめば、父の頭はざくろのように弾けとぶ。決して破壊が目的ではない。これは単なる事後処理だ。であるにもかかわらず、わたしは暗い快感を味わっていた。壊すこと。存在を奪うこと。何かを支配しているとして、これ以上の象徴的な儀式があろうか。
 衝動の波はすぐにおさまり、狭い設計室は再び孤独な静けさに包まれた。わたしは荒く息を吐く。
「わたしのことを分かってもくれない」
 生理痛からくる苛つきを隠しもせず、わたしは父の残骸に吐き棄てる。
「おまえなんか、できそこないだ」
 それは間接的に、父を作ったわたし自身の技量不足をもなじる言葉だったが――わたしは、それに気づかぬふりをした。

 わたしはひとりだ。
 これは奇妙なことである。生まれたその瞬間からひとりであり、わたし以外の生命が何一つ存在しないこの世界において、ひとりであるという概念を持つこと自体が異様であるし、もっといえば、完全に間違ってすらいる。
 わたしの居場所は、小さな小屋ひとつきり。小さい? これまた奇妙だ。この世界には、わたしの小屋と大きさを比べるものなど何一つありはしないというのに。
 小屋の中にはあらゆる工具が揃っている。材料も、望めば無限に現れる。その気になればなんでも作れるだろう。そう、もしその気になれば、だ。
 わたしは突然小屋の中に出現し、世界は小屋一つきりで、それなのに、わたしは凡てを知っていた。この世界が本来もっともっとひろいはずであることを。小屋はちいさなもので、もっと大きな家や、屋敷や、お城だってあるはずだということを。さらには、この世にいのちはたった一つではなく……たくさん……いろいろ……気味が悪かったりおぞましかったり、時にはちょっとだけ美しかったりする生き物たちが、たくさんいるはずだったということを。
 なぜそれを知っているのか。わたしの知っていることが何なのか。そもそもわたしは何者なのか。それだけはわたしにも分からなかった。
 わたしは寄る辺なく大河を漂う浮き草のようなものなのだ……大河? なんだそれは? 浮き草? 草とは? 自分で言っておいて、初めて自分の知識を認識する。認識すれば憧れずにはいられない。こんな小さな小屋に閉じ込められていながらだ。気が狂いそうになる!
 この理不尽に対抗すべく、わたしはわたしのルーツを求めた。わたしは誰かに生み出されたのだ。わたしを生み出した存在があるべきだ。そこでわたしは工具にとりくんだ。工作室に入り浸り、ひたすら、わたしは作り続けた。わたしの父を――父であるべき存在を、だ。
 だが、わたしが月に一度(月? 月とは一体……きりがないので以下省略)、女として避けようもない痛みにのたうつのを、わたしが作った父はぼんやりと眺めているばかりだった。父は何もしてくれない。口も利かない。生きてはいない……

 わたしは工作室から逃げ出して、二階のベッドに飛び込んだ。ここに横たわっていれば、どんな心配事も消えてしまう。もし心配事なんてものが存在すればだが。
 わたしは静かな眠りについた。眠りの中で夢を見た。夢の中でわたしは、求めたものを得られず、ただ、ひとりで膝を抱えて泣いている小さな少女だった。だれかがそばに来た。そしてわたしのそばに跪き、優しく肩を撫でて、こう囁いたのだった。
「きみの求めるものは存在し得ないだろう」
「どうして?」
「それが問いと答えだからだ。両立はできないものだ。両立した瞬間、この世界は存在の基盤を失い、瓦解する。だが、もし――」
 わたしの涙を、そのひとの指が拭う。
「もしきみに、永久の懊悩を受け入れるつもりがあるのなら。
 よんでごらん。きみの、望まないものを」

 目が覚めた。
 私の涙は、止まっていた。
 わたしは――呼んだ。あのひとの言うとおりに、一声。
「光あれ」

THE END.

投稿者 darkcrow : 2015年08月12日 01:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?